三菱ケミカルホールディングスグループ
  • 生命科学系分子科学計算ソフトウェア
  • 材料科学系分子科学計算ソフトウェア
  • 化学工学系ソフトウェア
  • 技術計算プットフォーム
  • データ管理・解析システム
  • コンプライアンス対応システム
  • 非接触表面・層断面形状計測システム

MOEフォーラム2010

統合計算化学システム「MOE」の最新情報と応用例をご紹介する「MOEフォーラム2010」を開催させて頂く運びとなりましたのでご案内申し上げます。

「MOE」は、タンパク質構造解析、化合物ライブラリ設計、in silicoスクリーニング等、創薬・生命科学研究に必要とされるアプリケーシ ョンを搭載し、計算化学の専門家から実験研究者まで幅広くご利用いただけます。

本フォーラムでは、創薬研究の最先端でご活躍されておられる先生方にご講演していただきます。
また、名古屋大学で開発され弊社で商品化を進めております「HybridGA法による粉末結晶構造解析ソフトウェア」について開発グループの代表である、名古屋大学 澤教授よりご講演いただきます。

皆様のご参加をお待ちしております。

日時・場所

日時 会場
2010 年 7 月 7 日(水)
10:00-17:00 (受付 9:30〜)
大手町サンケイプラザ
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-2
(地下鉄大手町駅 A4・E1出口直結)
TEL:03-3273-2257
    会場: 3F 311、312会議室

参加費

無料

予定


時間 講演内容 講演者
10:00-10:10 ご挨拶 株式会社 菱化システム
10:10-10:30 CCG社およびMOE概要 株式会社 菱化システム
10:30-11:10 MOE-AutoGPA のご紹介:
3D-QSARモデルの構築からリガンドデザインまで
株式会社 菱化システム
11:10-11:40 Generating Novel Compounds via Rule-Based Molecular Transformations Chemical Computing Group Inc.   Director of Scientific Services
Ms. Elizabeth Sourial
11:40-11:50 休憩
11:50-12:30 PSILO:
タンパク質立体構造情報管理システムの紹介
株式会社 菱化システム
12:30-13:50 ランチ & デモンストレーション
13:50-14:20 【 招待講演 1 】
MOEを用いたGAMESS/FMO解析支援ツールの開発
近畿大学薬学部創薬科学科
創薬分子設計学研究室
助手   中村 真也 先生
14:20-14:50 【 招待講演 2 】 
薬物酸化酵素による反応生成物や酵素阻害に関するMOEを活用した評価
昭和薬科大学薬学部
薬物動態学研究室
教授   山崎 浩史 先生
14:50-15:10 コーヒーブレーク
15:10-15:50 【 招待講演 3 】
HybridGA法による粉末結晶構造解析の提案
名古屋大学大学院工学研究科
マテリアル理工学専攻応用物理学分野
教授  澤 博 先生
15:50-16:20 HybridGA法による粉末結晶構造解析ソフトウェア/MOEインターフェース 株式会社菱化システム
16:20-17:00 Integration of the NAMD molecular dynamics engine and MOE Chemical Computing Group Inc.
President & C.E.O
Mr. Paul Labute

本セミナーは盛況のうち無事終了いたしました。ご参加、ありがとうございました。


このページのトップへ