三菱ケミカルホールディングスグループ
  • 生命科学系分子科学計算ソフトウェア
  • 材料科学系分子科学計算ソフトウェア
  • 化学工学系ソフトウェア
  • 技術計算プットフォーム
  • データ管理・解析システム

MOEフォーラム 2016

統合計算化学システム「MOE」の最新情報と応用事例をご紹介する「MOEフォーラム 2016」を、 以下の日程で開催いたします。

MOEフォーラムは、生命科学、創薬研究の分野の第一線でご活躍されている 先生方をお招きし、MOEの開発スタッフ、弊社技術スタッフを交えて、 MOEに関連する最新のトピックスをご提供する場として、毎年多くの研究者の 方々にご参加頂いております。 MOEをお使いでない方でも、研究者の方は自由にご参加頂けます。

MOEの開発者、弊社技術サポートスタッフ、 MOEフォーラムのご参加者の方を 交えて、自由闊達な意見交換の場にして頂きたく考えておりますので、奮って ご参加ください。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。MOE Forum

* MOEに関する詳細は、弊社ウェブサイトをご覧ください。
http://www.rsi.co.jp/kagaku/cs/ccg/index.html

* MOEフォーラム2016の案内パンフレットのダウンロード (PDF)

日時・場所

日時 会場
2016 年 7 月 5 日(火)
10:00-17:10
大手町サンケイプラザ (アクセスマップ)
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-2
(地下鉄大手町駅 A4・E1出口直結)
TEL:03-3273-2258 / 2259
    会場: 3F 301、302会議室

参加費

無料

プログラム

時間 講演内容 講演者
10:00-10:10 ご挨拶 株式会社菱化システム
10:10-10:25 MOEイントロダクション 株式会社菱化システム
木村 嘉朗
10:25-11:00 【招待講演】
GPCRモデリングにおけるMOE環境の活用法 (要旨(PDF))
産業技術総合研究所
広川 貴次
11:00-11:40 Protein Patch Analysis Applied to Protein Interaction Propensity
Protein patch analysis is a computational method for identifying and assessing protein interaction hot spots which may be implicated in aggregation, viscosity or solubility of antibodies and related derivatives. Here, we describe an enhanced and recalibrated method for calculating protein patches to better highlight potentially important interaction sites. Multiple structure support facilitates examination of interfaces and comparison across mutation series. Additionally, a new 2D patch depiction can be used in comparative analysis to accentuate patch differences and identify key active regions. Examples demonstrate how the application can be used to help understand complexation in different contexts.
Chemical Computing Group Inc.
Executive Vice President, Ms. Elizabeth Sourial
11:40-11:45 休憩
11:45-12:30 【招待講演】
分子動力学計算を用いた化合物のCYP3A4代謝部位予測とデザイン (要旨(PDF))
協和発酵キリン株式会社
佐藤 敦子
12:30-13:30 ランチ&デモンストレーション ---
13:30-14:15 【招待講演】
効率的かつ高精度な低分子−蛋白質結合自由エネルギー計算法開発の試み (要旨(PDF))    
東レ株式会社
谷村 隆次
14:15-14:35 MOE Extensions for KNIMEの紹介    (要旨(PDF))     株式会社菱化システム
池上 貴史
14:35-14:45 休憩
14:45-15:05 PSILO:APIを利用した開発事例のご紹介
PSILOは、ウェブベースのインターフェースを持つタンパク質-リガンド複合体構造のデータベースシステムです。 タンパク質立体構造データを整理して、多様なクエリーで検索可能にし、情報共有を支援します。 PSILOを用いると、キーワード、相同配列、3D-相互作用、タンパク質類似ポケットなど、多様なクエリーによる検索で タンパク質立体構造データに効率的にアクセスすることができます。 またPSILOはAPIを用いた検索に対応しており、ウェブインターフェースを使用せずとも上記のような様々な検索が行えます。 APIによる検索を用いることで検索から解析までを、MOEの SVLプログラムの中でも一括して行えます。 そこで、本発表では PSILOの APIを利用した開発の事例について紹介致します。 MOEのSVLと組み合わせることで、類似タンパク質の検索から、タンパク質構造の揺らぎについて検証ができるプログラムや、 同様のポケット構造からファーマコフォアを自動抽出するプログラムなどについてご紹介いたします。
株式会社菱化システム
岡田 晃季
15:05-15:50 【招待講演】
高効率創薬を強力に支援できるMOE (要旨(PDF))
東海大学
先進生命科学研究所
平山 令明
15:50-16:00 休憩
16:00-16:40 Protein-Protein Docking with Sequential Coarse-Grained Minimization
Computer modeling of protein-protein docking is an important tool for a variety of applications. This work presents a novel algorithm for performing docking calculations implemented using the MOE software package. Protein structures are represented by a coarse-grained bead model which accurately reproduces the van der Waals, electrostatic, and solvation energies of the corresponding all-atom model at the same resolution. An exhaustive search of translational coordinates using an FFT approach is followed by a series of partial minimization and filtering steps to progressively reduce the number of solutions. Results are presented validating the performance of the method on the protein docking benchmark 5.0, as well as using automatically-generated constraints in the case of antibody receptors and simulated site constraints in the general case to reflect realistic applications. The output poses generated by the program are shown to produce good high-quality structures when further refined using all-atom minimization.
   
Chemical Computing Group Inc.
President, CEO, Mr. Paul Labute
16:40-17:10 MOE 2016 Overview Chemical Computing Group Inc.
President, CEO, Mr. Paul Labute

本セミナーは終了いたしました。ご参加、ありがとうございました。

製品のご説明や、デモのご希望がございましたらお問い合わせ下さい。
 【お問い合わせ先】
   株式会社菱化システム 科学技術システム事業部
   Tel: 03-6830-9724 E-mail: support@rsi.co.jp


このページのトップへ