三菱ケミカルホールディングスグループ
  • 生命科学系分子科学計算ソフトウェア
  • 材料科学系分子科学計算ソフトウェア
  • 化学工学系ソフトウェア
  • 技術計算プットフォーム
  • データ管理・解析システム
  • コンプライアンス対応システム
  • 非接触表面・層断面形状計測システム


第136回 菱化システム計算化学セミナー
材料設計支援プラットフォーム
   『SciMAPS 3.2』 ハンズオンセミナー

本年2月リリース予定の 『SciMAPS 3.2』 のハンズオンセミナーを開催しますのでご案内申し上げます。

SciMAPS3.2では、Amorphous Builderの構造構築アルゴリズムの改良や非直方セルへの対応、ABINITインターフェースの改良、32000個の記述子を取り扱えるQSAR機能、計算結果を保存するためのデータベース機能の追加等、 大幅な改良がされています。

本セミナーでは、開発元より Managing Director Dr. Xenophon Krokidisを招聘し、量子力学計算、古典力学計算、メソスケールシミュレーション、 統計解析計算など、SciMAPSで行うことのできる様々な分野の計算手法を ご紹介いたします。各セッションでは、それぞれのソフトウエアの概要 および新機能を説明した後、ご自身でその機能を体験していただけるようになっております。 当日は、弊社技術スタッフが皆様のお手伝いをいたしまので、初めてお使い いただく方でもお気軽にご参加いただけます。

皆様のご参加をお待ちいたしております。

日時

開催日 時間 定員
平成22年 2月 2日(火)
10:00-17:15 (受付 9:30〜)
 締め切りました
平成22年 2月 3日(水)
10:00-17:15 (受付 9:30〜)
 締め切りました
※ 各回とも同一内容となります

会場

菱化システム 計算科学部 ショールーム
 東京都中央区新川1-28-38 東京ダイヤビル 3号館3階 

参加費

無料

予定

時間 講演内容
10:00 - 10:15 イントロダクション
10:15 - 12:00 ◆ Quantum Mechanics session (ABINIT,Turbomole,QmPot)
・遷移状態探索
・各種物性計算(バンド構造、弾性率など)
・QM/MM計算
12:00 - 13:00 休憩
13:00 - 15:00 ◆ Classical Mechanics/Mesoscale Simulation session
(Amorphous Builder、LAMMPS、Towhee、SciDPD)
・分子動力学計算による界面構築とシミュレーション
・モンテカルロ法による相平衡のシミュレーション
・散逸粒子動力学による高分子/ナノチューブ系のシミュレーション
15:00 - 16:00 ◆ Chemical engineering session (SciTherm)
・SAFT/PC-SAFT状態方程式による低分子の溶解度推算および
相平衡推算
16:00 - 17:00 ◆ Core functionality and Statistics session
・スクリプト機能
・データベース機能
・QSAR機能
17:00 - 17:15 質疑応答
    本セミナーは盛況のうちに無事終了いたしました。ご参加ありがとうございました。

このページのトップへ