三菱ケミカルホールディングスグループ
  • 生命科学系分子科学計算ソフトウェア
  • 材料科学系分子科学計算ソフトウェア
  • 化学工学系ソフトウェア
  • 技術計算プットフォーム
  • データ管理・解析システム
  • コンプライアンス対応システム
  • 非接触表面・層断面形状計測システム


第145回 菱化システム計算化学セミナー
 『分子シミュレーションの適用範囲拡大と高精度化に向けて』 
〜 Direct Force Field, SciMAPS 合同セミナー 〜

高精度分子シミュレーション支援ソフトウェア 「Direct Force Field 」 (以下、 DFF)と、材料設計支援プラットフォーム
「SciMAPS」 の合同セミナーを 開催いたします。

DFFの開発元である Aeon Technology 社(以下、Aeon社)では、力場テーブルの概念を採用した新しい力場データベースを導入し、拡張性と精度をさらに向上させた Direct Force Field7.0 を本年リリースいたしました。 DFF7.0では、低分子から高分子まで、60,000 を超える様々な官能基をもつ化合物に対応した力場データベース機能や、論文にある力場パラメータとユーザが開発した力場を整合性を保ちながら統合し利用する機能等、ユニークな機能を搭載しています。

量子化学計算からメソスケールシミュレーションまで幅広く利用可能な Scienomics 社製品「SciMAPS」は、次期バージョン3.3で分子シミュレーションエンジン LAMMPS 関連を中心に機能強化されます。XMLを基にした柔軟な力場パラメータ定義や、LAMMPSのメソスケール機能へ対応が予定されています。この機能強化によって、Aeon社のDFFが提供するTEAM力場のサポートが可能となり、SciMAPSのシミュレーションの適用範囲の拡大と精度の向上が図られています。

本セミナーでは、DFFとSciMAPSのそれぞれの開発者より、概要や応用事例に加え、今後の開発予定についてご紹介いたします。

皆様のご参加をお待ちいたしております。

日時・場所

日時 会場
11 月 29 日(木)
 13:30-17:00 (受付 13:00〜)
明治安田生命大阪御堂筋ビル 5階 52会議室
 〒541-0044 大阪府大阪市中央区伏見町4-1-1
12 月 1 日(木)
 13:30-17:00 (受付 13:00〜)
東京ダイヤビル3号館1階 研修室
 〒104-0013 東京都中央区新川1-28-38

参加費

無料

予定

時間 講演内容
13:30 - 14:20 SciMAPS 3.3 : Efficient Molecular Simulations for Materials Characterization Applications and Examples Dr. Xenophon Krokidis, Scienomics社
Managing Director
14:20 - 15:10 Overview of Direct Force Field 7
- force field development toolkit, integrated force field database and accurate force field parameters-
Dr. Huai Sun,
Aeon Technology社
Chief Scientific Officer
15:10 - 15:30 休憩
15:30 - 16:10 Demonstration of SciMAPS using some application example
16:10 - 16:50 Demonstration of Direct Force Field7.0
16:50 - 17:00 質疑応答

本セミナーは盛況のうち無事終了いたしました。ご参加、ありがとうございました。

 

このページのトップへ