三菱ケミカルホールディングスグループ
  • 生命科学系分子科学計算ソフトウェア
  • 材料科学系分子科学計算ソフトウェア
  • 化学工学系ソフトウェア
  • 技術計算プットフォーム
  • データ管理・解析システム
  • コンプライアンス対応システム
  • 非接触表面・層断面形状計測システム


第147回 菱化システム計算化学セミナー

    『MedeA-LAMMPS によるソフトマターの物性推算』

近年のコンピュータ技術の急速な発展とシミュレーション手法の進歩により、実験とシミュレーションを組み合わせた研究を効率的に行える環境が整い始めてきました。加えて、研究対象となる化合物・材料の拡大に伴って、シミュレーションによる物性予測が重要視されています。

コンピュータシミュレーションによる物性推算の重要性に鑑み、本年1月の計算化学セミナーにおいて、熱力学物性の最新事情についてご紹介しました。 今回のセミナーではこれに続き、力場計算を基にした合成高分子や液体の力学・動的物性の推算について理論とアプリケーション事例について、Materials Design(MD)社 Stephen Mumby氏ならびにDavid Rigby氏よりご紹介させていただきます。

Class IIと呼ばれるCFFやCOMPASSなどの分子力場は、緻密なパラメータリファインにより大幅な精度向上が期待できます。 MD社では、高分子や多くの機能性液体に適用可能な高精度力場PCFF+のパラメータ開発を進めています。また、それと並行して粘弾性、 凝集エネルギー密度、拡散係数などの物性計算に必要な計算プロトコルをまとめ、使いやすいツールとして力場計算エンジンLAMMPSと共に、MD社の統合環境MedeAに搭載しています。セミナー当日は最新事情の紹介と併せ、デモンストレーションを通してその機能と使いやすさをご覧いただく予定です。

皆様のご参加をお待ちしております。

日時・場所

日時 会場
2011 年 7 月 10 日(火)
13:30-17:00 (受付 13:00〜)
東京ダイヤビル 5号館1階 C会議室
 〒104-0033 東京都中央区新川1-28-38

参加費

無料

予定


時間 講演内容 講演者
13:30-13:40 開会のご挨拶 株式会社 菱化システム
13:40-13:55 Introduction Dr. Stephen Mumby
13:55-14:40 Theoretical background in atomistic simulation Dr. David Rigby
14:40-15:00 休憩
15:00-16:00 Practical applications: Property predictions for polymers, functional liquids, and related materials Dr. David Rigby
16:00-16:45 MedeA デモ
株式会社 菱化システム
16:45- Q & A
本セミナーは終了いたしました。ご参加、ありがとうございました。

 本セミナーの資料送付や製品デモのご希望がございましたらお問い合わせ下さい。
   【お問い合わせ先】
    株式会社菱化システム 科学技術システム事業部
    Tel: 03-6830-9724   E-mail: support@rsi.co.jp

このページのトップへ