三菱ケミカルホールディングスグループ
  • 生命科学系分子科学計算ソフトウェア
  • 材料科学系分子科学計算ソフトウェア
  • 化学工学系ソフトウェア
  • 技術計算プットフォーム
  • データ管理・解析システム


第161回 菱化システム計算化学セミナー (MedeAセミナー)
Expanding the scope of ab initio calculations with MedeA
〜 第一原理計算の精度を保持した大規模計算に向けて 〜 

近年の計算機の急速な高速化の恩恵を受け、以前は計算負荷が高いと敬遠されてきた第一原理計算の適用範囲が広がっております。しかし、より大きな系の取り扱いや有限温度下でのアンサンブル平均による物理量評価の必要性など、より現実に近づけるために考慮するべきことは枚挙に暇がありません。

第一原理計算の精度を保ちながら、より大きな系、より多くの配置に対してより長時間のシミュレーションを実行し、有限温度における 物性評価を行うために、Materials Design社では幾つかの手法を提案し、 その機能をMedeAに搭載しています。 力場パラメータ作成ツールFFOはVASPを用いて高精度の力場計算パラメータを作成します。また、昨年のセミナーでご紹介したクラスター展開法ツールUNCLEは配置の多様性を 第一原理計算の精度で検討するのに有用です。

本セミナーでは、Materials Design社よりDr. Erich Wimmerを招聘し、両ツールをはじめ、VASPやLAMMPS等を用いた様々な適用例を交え、MedeAを用いた第一原理計算の全体像についてご紹介します。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

日時・場所

開催日 会場 時間
2016年 5月18日(水) 〒131-0045 東京都墨田区押上1-1-2
東京スカイツリーイーストタワー 
12階 A会議室
13:30 〜 17:00
(受付13:00〜)

参加費

無料

予定

時間 内容  
13:30-13:40 ご挨拶と概要説明
13:40-14:30 Expanding the scope of ab initio calculations:
 forcefields and cluster expansion
Materials Design社
 Dr. Erich Wimmer
14:30-15:20 High-throughput calculations with MedeA
 for molecules and solids (talk & demo)
Materials Design社
 Dr. Erich Wimmer
15:20-15:40 休憩
15:40-16:30 Simulating reactive systems with MedeA-LAMMPS Materials Design社
 Dr. Ray Shan
16:30-17:00 質疑応答

本セミナーは終了いたしました。ご参加、ありがとうございました。

 製品のご説明や、デモのご希望がございましたらお問い合わせ下さい。
  【お問い合わせ先】
   株式会社菱化システム 科学技術システム事業部
   Tel: 03-6830-9724 E-mail: support@rsi.co.jp


このページのトップへ