三菱ケミカルホールディングスグループ
  • 生命科学系分子科学計算ソフトウェア
  • 材料科学系分子科学計算ソフトウェア
  • 化学工学系ソフトウェア
  • 技術計算プットフォーム
  • データ管理・解析システム

メディシナルケミストのための創薬支援ソフトウェアセミナー

 メディシナルケミストが、日常の研究業務で計算化学的な手法を活用する機会は年々増えてきています。 化合物の物性推算やSAR解析、構造解析、リガンド-受容体間の相互作用解析など、様々な場面で活用されています。メドケム志向のソフトウェアとして重要視されている点として、化学構造を取り扱えること、優れた可視化機能を備えていること、直感的に操作が行えること、インハウスのデータや公共データを活用できることなどが挙げられます。

 本セミナーでは、メディシナルケミストにご活用いただける以下の4製品について、その概要と特徴をデモを交えて紹介いたします。
 インシリコ創薬にご興味のある方や、実験研究者用のソフトウェアにご興味のある方はぜひこの機会にご参加ください。


 ◇統合計算化学システム 「MOE
  創薬・生命科学研究のための統合計算化学プラットフォーム。
ドッキングシミュレーション、SAR解析、ファーマコフォア解析、母核置換、タンパク質モデリング/デザインなどの多様なアプリケーションを統合。化合物、タンパク質、核酸、糖鎖、複合体、孤立分子系から分子凝集系まで様々な分子系の構築と解析が可能。


 ◇対話型SBDDツール 「SeeSAR
  複合体の立体構造を用いてリガンド-タンパク質間相互作用解析や新規リガンド設計を行うためのソフトウェア。
直感的な操作と結果の分かりやすさを重視。原子毎の結合自由エネルギーの寄与、ドッキング、母核置換、結合二面角の妥当性、物性やADME特性計算を組み合わせて分子設計が可能。


 ◇化学データ可視化・解析ソフトウェア 「CIMPL」 
  化合物の2D構造を取り扱うケムインフォマティクス統合プラットフォーム。
化学データの可視化、ライブラリー解析、SAR解析、データベース/Webサービスのアクセス機能を搭載。ChEMBLデータベースを内部に組み込み、化学構造や標的タンパク質、アッセイ情報での検索や、ChEMBLのデータを活用したネットワーク解析や活性傾向の評価が可能。


 ◇創薬インフォマティクス・ソフトウェア 「Vortex」 
  スプレッドシートに代わる、直感的かつ多目的なデータ可視化と解析のためのソフトウェア。
相互に連動するデータプロット、グラフ、表、フィルター、統計解析、データマイニングツールを搭載。化合物の2D構造を取り扱え、高速に処理。

創薬・生命科学研究に携わる方々のご参加をお待ちしております。

* 創薬支援ソフトウェアセミナーの案内パンフレットのダウンロード (PDF)

日時・場所

※ 2016年9月より、東京会場が東京ダイヤビルに変更になりました。


開催日 時間 会場
9月 28日(水) 13:30−16:30 (受付 13:00〜) 東京

参加費

無料

予定

時間 講演内容
13:30 - 13:40 開会のご挨拶、創薬支援ソフトウェアの全体紹介
13:40 - 14:15 MOE紹介
13:15 - 14:50 SeeSAR紹介
14:50 - 15:00 休憩
15:00 - 15:35 CIMPL紹介
15:35 - 16:10 Vortex紹介
16:10 - 16:30 質疑応答、閉会のご挨拶

参加申し込み

下記フォームを送信いただきますと、 ご記入いただいたメールアドレスに「受付確認メール」が当日中に送信されます。
「受付確認メール」が届かない場合は、申し込みが正式に完了していない可能性がありますので、 お手数ですがお問い合わせ窓口までご連絡くださるようお願いします

以下の「個人情報の取り扱いについて」 をお読みになり、ご同意の上、ご記入をお願いします。

同意する    同意しない

 
[必須] 貴社名
[必須] 御所属
[必須] 御名前
[必須] フリガナ
[必須] 御住所
  • 【半角入力】 
[必須] 電話番号 【半角入力】
     FAX番号 【半角入力】
[必須] 電子メール 【半角入力】
※記入ミスがないか、よくご確認下さい
[必須] 参加会場
     通信欄
 
 

各セミナーの締切日は、開催日の2日前とさせていただきます。
また、参加人数によりまして開催を中止させていただくことがございます。予めご了承ください。


このページのトップへ